当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【保存版】WiMAXのバッテリー充電がすぐになくなる原因と対策

結論から先に書くと、WiMAXのバッテリー充電がすぐなくなるすぐ切れる原因は「バッテリーの劣化(寿命)」「充電不足」「ハイパフォーマンスモードを使っている」の3つです。

最初はバッテリー持ちが良かったけど悪くなってきた場合はほとんどが「バッテリーの劣化(寿命)」です。Broad WiMAXのWi-Fiルーターはバッテリーを交換できるので寿命が来ても簡単にバッテリーだけ入れ替えて新品と同じ状態にすることもができます。

speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”broad-wimax-t.jpg” name=”京条”]現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。[/speech_bubble]

月額2856円で無制限で使い放題のWi-Fiで、他の完全無制限Wi-Fiのような速度低下もない人気のWi-Fiです。有線LAN接続もできるのでデスクトップPCでもインターネットに繋げることができます。

「Broad WiMAX」のルーターが1台あれば仕事以外にもプライベートでも高速インターネットが使えるので便利です。

WiMAXのバッテリー充電がすぐなくなるすぐ切れる原因と対策

1.バッテリーの劣化(寿命)

WiMAXルーターにはリチウムイオンバッテリーという約1000回ほど充電ができる充電池が入っています。

このバッテリーは約1年〜2年程度でバッテリー容量が半分程度まで劣化して減少するためバッテリー持続時間も新品と比べて半分程度になります。

Broad WiMAXのルーターのWXシリーズは自分で簡単に裏蓋を外すとバッテリー交換ができるのでアマゾンや楽天市場で新品バッテリーを購入して入れ替えるだけでバッテリーの持続時間が復活します。

バッテリー交換は本体裏の蓋を外してバッテリーを見ると、バッテリーに型番が書いてあるのでその型番を「楽天市場」や「Amazon」で検索することで交換バッテリーを購入することができます。

↑裏蓋を外すとバッテリーが出てきます。バッテリーの型番を検索することでアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどで新品のバッテリーを購入できます。

またモバイルバッテリーを持ち歩くことで対策もできます。

2.充電不足

充電がすぐに切れてしまう原因の1つに、充電不足があります。

機種によっていたわり充電がONになっているものがあり、その場合は最大充電量が80%くらいになるのためバッテリー持続時間が短くなります。

100%まで充電がされない場合はWi-Fiルーターの設定画面からいたわり充電がONになっていないか確認してみてください。

対策はバッテリーは外出する前には100%まで充電しておくように気をつけてみてください。

3.ハイパフォーマンスモードを使っている

WiMAXルーターには消費電力が増える代わりに通信速度が速くなる「ハイパフォーマンスモード」というのがあります。

送られてきたときは「バランスモード」または「エコモード」に設定されていますが「ハイパフォーマンスモード」に設定変更することができます。

「ハイパフォーマンスモード」はバッテリーの充電がすぐに切れる主な原因です。

対策はWi-Fiルーターの設定画面から「バランスモード」または「エコモード」に設定すだけでバッテリーの持続時間が伸びて充電が持つようになります。

Broad WiMAXは契約後20ヶ月以上で無料で最新機種に機種交換をしてくれる

Broad WiMAXは契約開始から20ヶ月以上経過すると無料で最新端末に交換してくれるキャンペーンを実施しています。

最新機種に交換=バッテリーも新品になる

なので長く使っても20ヶ月ごとに新しい端末に無料で乗り換えができるので普通に使っていればバッテリー交換の手間や交換にかかる費用は発生しません。

この機種変更無料キャンペーンを利用しても、解約時に違約金などの負担は一切ないのでノーリスクで最新機種に交換してもらえます。

Broad WiMAXはSIMカード差し替えだけで自分で機種変更ができる

こちらは裏技になりますが、Broad WiMAXは自分でSIMカードを差し替えるだけで機種変更ができます。

バッテリーが自分で交換できない「Wシリーズ」だと費用は1万円~2万円程度かかりますが自分で中古のWiMAXルーターを購入して機種変更をすれば3000円以下でバッテリーが生きている端末に交換することができます。

中古のWiMAXルーターを購入メリットは、Broad WiMAXなどで契約したWiMAXルーターがバッテリーが劣化して駆動時間が短くなった場合やバッテリーで使えなくなった場合でも

中古で購入したWiMAXルーターにSIMカードを挿入することでWiMAX2+の高速インターネットが今まで通り使えるからです。

【必見】Broad WiMAXは中古のWiMAX2+ルーターは売ってる?価格は?

Broad WiMAXでバッテリー持ちが一番良い機種はWX06

Broad WiMAXには複数の端末があり、契約時に自分で選択することができます。

その中でもWX06は電池持ちが一番よく人気の機種になっています。

モード WX06の連続通信時間 W06の連続通信時間
通信速度を優先するモード 約8.1時間 約7.1時間
スタンダードなモード 約11.5時間 約9時間
バッテリー持ちを優先するモード 約14時間 約11.6時間

W06と比較してもWX06の方が電池持ちはいいことがわかります。

また、Broad WiMAXのルーターのWXシリーズであるWX06も自分で簡単に裏蓋を外すとバッテリー交換ができるのでバッテリーが劣化しても、アマゾンや楽天市場で新品バッテリーを購入して入れ替えるだけでバッテリーの持続時間が復活します。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税込20,743円)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWiMAXよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません現状ベストな選択です。