PR

【必見】Broad WiMAXは防犯カメラに人気の無制限Wi-Fi

今だけ!期間限定!!初期費用20,743円(税込)が『無料0円』キャンペーン実施中!キャンペーン期間:~7/31(水)14:00まで 他社からBroad WiMAXに乗り換えの場合は乗り換え元の契約解除手数料を19,000円上限で無料負担中!

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

結論から先に書くと、Broad WiMAXのWi-Fiルーターは「防犯カメラ」「監視カメラ」のインターネット回線として使えて爆発的な人気があります。

Broad WiMAXはデータ容量制限なしなので防犯カメラと相性がとてもよくとても人気になっています。

基本的にすべての防犯カメラはBroad WiMAXのWi-Fiと接続してインターネット通信ができます。Broad WiMAXはワイヤレスの防犯カメラも利用できます。

Broad WiMAXはデータ容量無制限(ギガ無制限)で固定回線として使っている人も多いインターネットWi-Fiなので防犯カメラ・監視カメラにはベストな選択です。

Broad WiMAXのWi-Fiルーターは有線LAN接続もWi-Fi接続も両方できるのでどちらかの接続方法に対応していない防犯カメラ・監視カメラでも使うことができます。

京条
現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

目次

Broad WiMAXは防犯カメラ・監視カメラとして使える

Broad WiMAXのWi-Fiは全機種防犯カメラ、監視カメラ用のインターネット回線として使えます。

BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新モバイルルーター BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新ホームルーター

Broad WiMAXはデータ容量無制限で使い放題のため、防犯カメラ、監視カメラ用のインターネット用の回線として人気があります。

京条
Broad WiMAXはWiMAX2+の電波によってインターネットに接続されています。

光インターネット回線、ADSL、VDSL、ケーブルインターネット回線などがない場所であってもインターネットに繋がります。

Broad WiMAXは全プラン完全データ容量無制限で使い放題

Broad WiMAXの最大のメリットは他のポケットWi-Fiと違ってどのプランを選択しても月3GB、7GB、10GB、15GB制限などがないデータ容量無制限でギガ使い放題となっている点です。

Broad WiMAXは2022年2月1日まで無制限プランでも3日15GB制限がかかっていましたが、2022年2月1日から全プランが3日15GB制限が解除されて完全無制限で使えるようになり爆発的人気になっています。

Broad WiMAXの2つのプランの違いと比較
  • ギガ放題コスパDXプラン2年縛りはあるが料金が最安・データ完全無制限
  • ギガ放題縛りなしDXプラン2年縛りはないが2年総額で4488円料金が高い・データ完全無制限
京条
「ギガ放題コスパDXプラン」「ギガ放題縛りなしDXプラン」は2年縛りの有りなしの違いだけで2年でたったの4488円しか違わないため「ギガ放題縛りなしDXプラン」がおすすめです。

「ギガ放題コスパDXプラン」「ギガ放題縛りなしDXプラン」は「完全無制限」でデータ容量(ギガ容量)の上限なく使い放題となっています。

Broad WiMAXの契約後の期間別の契約解除料一覧
  • Broad WiMAX契約後12ヵ月以内の契約解除料: 3,883円(税込)
  • Broad WiMAX契約後13〜24ヵ月以内の契約解除料: 3,883円(税込)
  • Broad WiMAX契約後24ヵ月以降の契約解除料:0円

ギガ放題縛りなしDXプランの場合の違約金

契約開始からの利用月数 契約解除料
0~12ヶ月目 0円
13ヶ月目~24ヶ月目 0円
24ヶ月目以降 0円

※いつ解約しても違約金が発生しません。

2年契約期間のギガ放題コスパDXプランの場合の違約金

契約開始からの利用月数 契約解除料
0~12ヶ月目 3,883円(税込)
13ヶ月目~24ヶ月目 3,883円(税込)
24ヶ月目以降 0円

簡単に説明すると2年以内の解約は3,883円の契約解除料の支払いが必要なので2年以内で解約しても大したこと有りません。

京条
ギガ放題コスパDXプランとギガ放題縛りなしDXプランの月額料金の差額は187円なので20ヶ月以上で解約する場合はギガ放題縛りなしDXプランのほうがトータル料金は安くなります。

BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新5Gプラン

BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新5Gギガ放題プランの概要

Broad WiMAXのWi-Fiで使える防犯カメラ・監視カメラの条件

Broad WiMAXが対応している防犯カメラ・監視カメラの条件は、

「有線LAN接続に対応している」「Wi-Fi接続に対応している」「Bluetooth接続に対応している」のどれか1つに対応していれば使えます。

基本的に防犯カメラ・監視カメラはWi-Fiまたは有線LANでインターネットに接続して使うようになっているためどの機種であっても使うことができます。

Broad WiMAXが対応している防犯カメラ・監視カメラの条件
  • 「有線LAN接続に対応している」
  • 「Wi-Fi接続に対応している」
  • 「Bluetooth接続に対応している」

※どれか1つに対応していれば利用可能

基本的に現在販売されているすべての監視カメラ・防犯カメラは有線LAN接続またはWi-Fiでのインターネット接続に対応しているのでBroad WiMAXのWi-Fiルーターで使えないという製品は存在しません。

Broad WiMAXは有線LANもWi-Fiも両方接続に対応

Broad WiMAXは有線LANインターネット接続と無線(Wi-Fi)インターネット接続の両方の接続方法に対応していて、同時利用もできるWi-Fiルーターです。

京条
例えば以下のルーター機種で併用ができます。

ペットカメラは基本的に現在販売されているものはすべてWi-Fi接続に対応していますし有線LAN接続に対応している機種も多いのでBroad WiMAXと簡単に接続が可能です。

Broad WiMAXのルーター別の複数台同時接続可能数
  • W06の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+Bluetooth+USB接続で同時にネット接続可能
  • WX05の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetooth+USB接続で同時にネット接続可能
  • L02の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetoothで同時にネット接続可能
  • HOME02の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetoothで同時にネット接続可能

Broad WiMAXのWiMAXルーターとネットに接続した機器をインターネットに接続する方法は、「WiFiで接続する」「USBケーブルで接続する」「Bluetoothで接続する」「クレードルを使って有線LANケーブルで接続する」の4つの方法のどれかで接続することができます。

この4つの接続方法を併用して同時にインターネットに接続できます。

ノートパソコンでBroad WiMAXを使う4つの方法
  1. WiMAXルーターとWiFi(無線LAN)で接続する
  2. WiMAXルーターとUSBケーブルで接続する
  3. WiMAXルーターとBluetoothで接続する
  4. WiMAXルーターと有線LANで接続する
Broad WiMAXは有線LANと無線(Wi−Fi)の併用ができる

Broad WiMAXはデータ容量(ギガ容量)無制限で使い放題

ペットカメラは、ペットの常時監視カメラなので、使っている間はずっとデータ通信が発生しているのでデータ通信量がけっこう発生します。

だいたいどのペットカメラも3Mbps程度の通信速度で映像を転送するので3Mbpsで計算すると、1回3分で1日5回の宅外スマホ観察すると
3Mbps×60秒×3分×5回×1/8=337.5MB となり1ヶ月30日で10125MB

となり、一月おおよそ10GBのデータ通信量が必要になります。

Wi-Fiにはデータ通信量の上限が決まっているものがったり無制限でないものが多いですが、Broad WiMAXはデータ容量無制限(ギガ容量無制限)で使い放題のWi-Fiのため、

データ容量の消費を気にしないでペットカメラを使うことができます。

Broad WiMAXは2022年2月1日まで無制限プランでも3日15GB制限がかかっていましたが、2022年2月1日から全プランが3日15GB制限が解除されて完全無制限で使えるようになり爆発的人気になっています。

Broad WiMAXの2つのプランの違いと比較
  • ギガ放題コスパDXプラン2年縛りはあるが料金が最安・データ完全無制限
  • ギガ放題縛りなしDXプラン2年縛りはないが2年総額で4488円料金が高い・データ完全無制限
京条
「ギガ放題コスパDXプラン」「ギガ放題縛りなしDXプラン」は2年縛りの有りなしの違いだけで2年でたったの4488円しか違わないため「ギガ放題縛りなしDXプラン」がおすすめです。

「ギガ放題コスパDXプラン」「ギガ放題縛りなしDXプラン」は「完全無制限」でデータ容量(ギガ容量)の上限なく使い放題となっています。

防犯カメラ・監視カメラにおすすめのWiMAXの端末はどれ?

BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新モバイルルーター BroadWIMAX-ブロードワイマックスの最新ホームルーター

ホームルーターはL12を選んでおけば間違いありません。モバイルルーターはX11を選んで於けば間違いありません。

WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方
  • 外出先でも使いたくて有線LAN接続もしたい: X11
  • 外出先でも使いたいけど有線LAN接続は必要ない: X11
  • 自宅のみで使用する: L12

Broad WiMAXをはじめとするWiMAXではホームルーターではL11とL12の2つから選択できます。

WiMAXのホームルーターの選び方
  • WiMAXのホームルーター: L12を選ぶ
京条
L12はL11の上位機種で性能は上なのでホームルーターではL12を選ぶようにしましょう。

5G mobile Wi-Fiは有線LAN接続できないから注意(X11ならできる)

一点だけ注意があります。

5G mobile Wi-Fiはクレードルの設定がないのでクレードルを使っての有線LAN接続ができません。

また、旧機種のクレードルを使っても充電しかできずに通信はできません。

しかし、USBでパソコン(PC)と接続すれば有線接続でインターネットを使うことができます

2400Mbps(2.4Gbps)の伝送速度で使えるので最大限X11の性能を使い切ることができます。

手のひらサイズのモバイルWi-Fiルーターで有線LAN接続したい場合は「X11」を選んでクレードルとセットで契約すれば有線LANで接続ができます。

L11やL12のホームルーターは最初から有線LANポートが付いてるのでクレードルなしで有線LAN接続ができます。

Broad WiMAXのホームルーターは最初から有線LANポートがついていてハブ、ルーターとして使えます。

WiMAXのクレードルの必要性と機能の詳細

Broad WiMAXルーターのクレードルが必要な人は

「1.有線LAN機能が欲しい場合」「2.WiMAXルーターのアンテナを拡張して電波をつかみやすく速度アップしたい場合」「3.充電スタンド代わりの専用台が欲しい場合」

この3つのうちどれか1つでも当てはまればクレードルは必要です。

WiMAXのルーターのクレードルが必要な3つのケースやパターン
  • 有線LAN機能が欲しい。有線LANケーブルで繋いでネットがしたい
  • WiMAXルーターのアンテナを拡張して電波をつかみやすく・速度アップがしたい
  • 充電スタンド代わりの専用台が欲しい場合

クレードルがあると有線LANポートを装備しているためクレードルをWiMAXにセットすることで有線LANでも無線LAN(WiFi)でもどちらでもインターネットが使えるようになります

WiMAXのルーターのクレードルの有り無しによる接続の違い
  • WiMAXクレードルあり: 有線LANと無線LAN(WiFi)の両方でネット使える
  • WiMAXクレードルなし:無線LAN(WiFi)のみでインターネットが使える

有線LAN接続しかないパソコン(PC)や他の機器をインターネットに繋げたい場合にはクレードルは必須になります。

【必見】Broad WiMAXのルーター契約時にクレードルは必要?不要?
結論から先に書くと、Broad WiMAXのルーター契約時にクレードルは必要な人は「1.有線LAN機能が欲しい場合」「2.WiMAXルーターのアンテナを拡張して電波をつかみやすく速度アップしたい場合」「3.充電スタンド代わりの専用台が欲しい場合」のうちどれか1つでも当てはまればクレードルは必要です。これ以外は不要です。詳細>>>

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用20,743円(税込)が無料キャンペーン中

すべてのWiMAXや置くだけWi-Fiの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税込20,743円)かかります。

しかし、現在は期間限定で通常20,743円(税込)の初期費用が0円になる初期費用無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円(税込20,743円)分の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

コメント

タイトルとURLをコピーしました