当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXは有線LANと無線(Wi−Fi)の併用ができる

結論から先に書くと、有線LANインターネットと無線(Wi-Fi)インターネットの同時利用できるWi-Fiルーターは「Broad WiMAXです。

Broad WiMAXは有線LAN+無線(Wi-Fi)+USB +Bluetoothインターネットの4つの接続方法で同時にインターネットに接続できる人気のインターネットWi-Fiです。

Broad WiMAXは同時に10人(10台)以上ネットに同時接続できて、月額3411円でデータ容量(ギガ容量)無制限で使い放題業界最速の通信速度、

ユーザー満足度ナンバー1、最新のルーター全機種無料、解約時ルーターの返却不要などでどのWi-Fiよりも条件がいいので爆発的な人気になっています。

京条
現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

月額2856円で無制限で使い放題のWi-Fiで、他の完全無制限Wi-Fiのような速度低下もない人気のWi-Fiです。有線LAN接続もできるのでデスクトップPCでもインターネットに繋げることができます。

「Broad WiMAX」のルーターが1台あれば仕事以外にもプライベートでも高速インターネットが使えるので便利です。

Broad WiMAXは有線LANと無線(Wi−Fi)の併用ができる

Broad WiMAXは有線LANインターネットと無線(Wi-Fi)インターネットの同時利用できるWi-Fiルーターです。

京条
例えば以下のルーター機種で併用ができます。
Broad WiMAXのルーター別の複数台同時接続可能数
  • W06の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+Bluetooth+USB接続で同時にネット接続可能
  • WX05の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetooth+USB接続で同時にネット接続可能
  • L02の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetoothで同時にネット接続可能
  • HOME02の同時接続数: 無線(Wi-Fi)+有線+Bluetoothで同時にネット接続可能

Broad WiMAXが対応している同時接続(併用)の方法

Broad WiMAXのWiMAXルーターとネットに接続した機器をインターネットに接続する方法は、「WiFiで接続する」「USBケーブルで接続する」「Bluetoothで接続する」「クレードルを使って有線LANケーブルで接続する」の4つの方法のどれかで接続することができます。

この4つの接続方法を併用して同時にインターネットに接続できます。

ノートパソコンでBroad WiMAXを使う4つの方法
  1. WiMAXルーターとWiFi(無線LAN)で接続する
  2. WiMAXルーターとUSBケーブルで接続する
  3. WiMAXルーターとBluetoothで接続する
  4. WiMAXルーターと有線LANで接続する

1.WiFiでBroad WiMAXルーターとノートパソコンを接続する

Broad WiMAXルーター接続する一般的な方法は、WiFi(無線LAN)で接続する方法です。

ほぼすべての機器には標準でWiFi(無線LAN)が搭載されているのでBroad WiMAXのWiMAXルーターとWiFiで接続するとすぐにインターネットに接続することができます。

WiMAXルーターのWiFi(無線LAN)機能を使って接続する場合は同時に10台までノートパソコンやスマホ、iPhoneやiPad、タブレットやゲーム機を接続することができます。

最近はノートパソコンだけでなくデスクトップパソコン(PC)もWiFi機能を搭載しているのでデスクトップパソコンも有線LANケーブルを使わなくてもWiMAXルーター経由でインターネットに接続できるようになりました。

2.USBケーブルでBroad WiMAXルーターとネットに接続する

WiFi(無線LAN)機能や有線LAN、Bluetoothを搭載していない機器であってもBroad WiMAXのWiMAXルーターはすべてUSBケーブルでノートパソコンと接続することでインターネットに接続することができます。

USB接続はWiFi接続やBluetooth接続と比べて通信速度が速いだけでなく、安定して通信ができます。また、USB接続はWiFi接続やBluetooth接続と同時利用ができます。

3.BluetoothでBroad WiMAXルーターとネットに接続する

Broad WiMAXルーターはWiFiやUSBケーブル、クレードル経由の有線LANケーブル以外でもBlueooth接続で接続することができます。

Bluetooth接続のメリットはWiFi接続と比べてバッテリー消費がとても少ないのでバッテリーの残量を気にしないで長時間インターネットが利用できます。

ただし、WiFi接続と比べると通信速度は遅めなので、大容量のファイルを短時間でダウンロードしたい場合などはWiFi接続を利用しましょう。

4.クレードルを使って有線LANケーブルとネットに接続する

Broad WiMAXの手のひらサイズのモバイルWiMAXルーターはWiMAXルーターの機種ごとにある専用のクレードルを使うことで有線LAN接続ができます。

ホームルーターのL02、HONE02を選択した場合は、最初から有線LANポートが付いているのでクレードルは必要ありません。

クレードルはオプション扱いなのでBroad WiMAXの契約時にオプション購入できます。また、Amazonや楽天、ヨドバシカメラの通販で後から購入することができるので契約時ではなく、必要になった時に購入することも可能です。

有線LAN接続のメリットは通信が安定することと、通信速度が速くなることです。

有線LAN接続はUSBケーブルと接続したときと同じくらい通信安定して通信速度も同じくらいです。

また有線LAN接続でインターネットに接続している時も複数に端末に同時にWiFiやBluetoothでインターネットに接続することができます。

Broad WiMAXは4つの接続方法を併用してネットに接続できる

Broad WiMAXのルーター別の複数台同時接続可能数
  • W06の同時接続数: 16台
  • WX06の同時接続数: 10台
  • L02の同時接続数: 42台(LANポート:2台、2.4GHz: 20台、5GHz: 20台)
  • HOME02の同時接続数: 22台(LANポート:2台、2.4GHz:10台、5GHz:10台)

W06は有線LAN接続できないから注意(WX06ならできる)

一点だけ注意があります。

W06はクレードルの設定がないのでクレードルを使っての有線LAN接続ができません。

また、旧機種のW04などのクレードルを使っても充電しかできずに通信はできません。

しかし、USBでパソコン(PC)と接続すれば有線接続でインターネットを使うことができます

この場合は1237Mbps(1.2Gbps)の伝送速度で使えるので最大限W06の性能を使い切ることができます。

【必見】W06にクレードルがない理由と対処方法(代替案)

手のひらサイズのモバイルWi-Fiルーターで有線LAN接続したい場合は「WX06」を選んでクレードルとセットで契約すれば有線LANで接続ができます。

HONE02やL02のホームルーターは最初から有線LANポートが付いてるのでクレードルなしで有線LAN接続ができます。

Broad WiMAXは固定回線の代わりとしても十分な性能

Broad WiMAXをはじめとするWiMAXではルーターをモバイルルーターではW06、WX06からホームルーターではL02、HOME02から選べます。

どのルーターを選んでも固定回線として使える高性能なWi-Fiとなっています。

HOME02は在庫処分として選べるだけでL02は完全に上位互換で性能は上なのでHOME 02を選ぶ必要はありません。

またW06はセットのクレードルが販売されていないので有線LAN接続したいクレードルにセットして充電したい場合は「WX06」を選べば解決します。

WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方
  • 外出先でも使いたくて有線LAN接続もしたい: WX06
  • 外出先でも使いたいけど有線LAN接続は必要ない: W06
  • 自宅のみで使用する: L02
京条
WX05には専用クレードルが用意されています。

ここではBroad WiMAXの場合でのルーターの選び方を紹介します。とくとくBB WiMAXやJP WiMAX、SO-net、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAXの場合でも同じ機種を販売しているので選び方は全く同じです。

京条
違いは月額料金とキャンペーンです。Broad WiMAXが性能は同じで一番安く利用できます。

Broad WiMAXで選べるルーター端末(全機種無料)

Broad WiMAXでは現在4つのルーターから選択することができます。手のひらサイズのバッテリーを内蔵したモバイルルーターは、WX06とW06の2機種、

自宅や事務所などの屋内で持ち運びをしないで使うホームルーターはHOME02とL02の2機種から選べるようになっています。

Broad WiMAXで選ばるWi-Fiルーター
  • WX06(モバイルルーター)
  • W06(モバイルルーター)おすすめ!
  • HOME02(ホームルーター)
  • L02(ホームルーター)おすすめ!

WX06とW06ではW06の方が新しく性能も高いのでW06がおすすめです。

HOME02とL02ではL02の方が新しく性能も高いのでL02がおすすめです。

Broad WiMAXで選べるWi-Fiルーターの詳細なスペックと比較

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。