当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXは2重ルーター構成で使えるWiMAX!方法と注意点

初期費用20,743円(税込)が無料0円キャンペーン実施中!キャンペーン期間:~ 5/31(火)14:00まで

2022年 2月から5G対応 ギガ放題プラスプランは3日で15GB制限が廃止されてギガ容量無制限になりました。料金は同じなのでかなりお得になっています。

Broad WiMAXのWiMAXルーター(WiFiルーター)は二重ルーター構成で使うことができるWiMAXです。

Broad WiMAXを自宅の固定回線として使う場合や外出時にWiMAXルーターを持ち運びにする場合には二重ルーター構成のほうがメリットがあることがあります

Broad WiMAXのWiMAXルーターのDHCP機能を使うネットワーク構成と二代目のルーターのDHCP機能を使った場合では挙動が代わりますのでそれぞれのメリット・デメリットも含めて紹介します。

Broad WiMAXは二重ルーター構成で使えるWiMAX

Broad WiMAXは二重ルーター構成で使うことができるWiMAXルーター(WiFiルーター)です。

接続機器に動的にIPアドレスを割り当てるDHCP機能を持っているので市販のルーターを経由してハブ代わりにしても使えますし、

市販のルーターのDHCP機能を使って市販のルーターからIPアドレスを接続機器に割り当てる方法でネットワークを分離して使うこともできます。

ルーターのDHCP機能
  • Broad WiMAXルーター: DHCPサーバー機能あり
  • 市販のルーター(二重ルーター): DHCPサーバー機能あり

※どちらのDHCPサーバーを使ってもネットワークを構築できる

この図はモバイルルーター+クレードルで有線LAN接続構成としていますが、ホームルーターでも同じネットワーク構成を構築できます。

京条
それぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれ紹介します。

モバイルルーターを使う場合はクレードルがないと有線LANでの接続ができないのでクレードルの購入が必要です。

京条
ホームルーター(据え置き型のルーター)の場合は有線LANポートが2ポートついているのでクレードルの購入は必要ありません。

↑ホームルーターにはLANポートが2つついているためクレードルを購入する必要がない。

WiMAXルーターと2重ルーター構成にするメリット

  • WiMAXルーターを取り外してもローカルの通信に影響がない
  • WiMAXルーターのDHCP機能を使わなくても良くなる
  • 接続ポートが多い機器を選ぶと接続できる機器を増やせる(最大253台

二重ルーター構成にして市販の二代目(二重側)ルーターのDHCPサーバーを使うことでWiMAXルーター側のネットワークと完全に切り離されますので

外出などでWiMAXルーターを取り外してもローカル側の機器の通信には影響を与えません。

ただし、Broad WiMAXルーターを経由してインターネットに接続していた場合はWiMAXルーターを取り外すとインターネットに接続できなくなります。

WiMAXルーターと2重ルーター構成にするデメリット

  • ルーターを1台購入する必要がある(二台目のルーター)
  • ルーターの設定の知識が必要になる
  • ポート開放をする時には2台分のルーターの設定が必要になる

Broad WiMAXルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成

Broad WiMAXのルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成は以下の通りになります。

2重構成の2台目のルーターはDHCP機能を使わないのでスイッチングハブの代わりとして使います。

WiMAXルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.100.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.252
  • ゲートウェイアドレス: 192.168.100.254
  • DHCPサーバー機能: オン

2重ルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.200.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • ルーティング: 192.168.100.254にルーティングする
  • DHCPサーバー機能: オフ

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成は以下の通りになります。

Broad WiMAXのルーターのDHCPサーバー機能は使わないので設定画面からオフにしておきます。

接続機器にはBroad WiMAXのルーターからIPアドレスが割り当てされ、192.168.100.XXのアドレスが自動的に割り当てられます。

WiMAXルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.100.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.252
  • ゲートウェイアドレス: 192.168.100.254
  • DHCPサーバー機能: オフ

2重ルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.200.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • ルーティング: 192.168.100.254にルーティングする
  • DHCPサーバー機能: オン

接続機器には二代目(二重側)ルーターからIPアドレスが割り当てされ、192.168.200.XXのアドレスが自動的に割り当てられます。

Broad WiMAXルーターへルーティングする

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使ってBroad WiMAXルーターとネットワークを分けて運用する場合には、二代目(二重側)ルーター側でBroad WiMAXルーターへルーティングする必要があります。

設定方法はルーターによって異なりますが、BUFFALOのルーターの場合は「デフォルトゲートウェイ」にBroad WiMAXルーターのゲートウェイIPアドレスを設定します。

Broad WiMAXの据え置きルーターと2台持ちも簡単でおすすめ

Broad WiMAXは実は2台持ちのルーターとして爆発的な人気があります。外出用のモバイルルーターと自宅用のホームルーターの2回線があると、

外出時でも自宅の機器はインターネット通信ができますし外出先からリモートで自宅のパソコン(PC)やレコーダー、NASなどに接続することができるので便利だからです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は2台持ちや2台目のWiMAX2+、複数台持ちするポケットWiFiと人気の理由は、

最安の月額料金、最新のルーター端末代金が無料(0円)、データ容量無制限で使い放題、初期費用無料キャンペーンがあるからです。

【超必見】BroadWiMAXが二台持ち二台目に選ばれる4つの理由

また、WiMAXを2台持ちをする理由はWiMAXに唯一存在する3日で10GBの通信制限を回避できるという理由もあるからです。

普通にBroad WiMAXの初期費用無料+ルーター無料申込ページから申し込みをすれば初期費用の18857円が無料の0円になって、最新WiMAXルーターが全機種無料で手に入ります。

Broad WiMAXを2台目の契約は初期費用無料とルーター無料が適用される

Broad WiMAXを2台目のWiMAXとして契約する場合や1台目もBroad WiMAXで契約していて2台目もBroad WiMAXで契約する場合でも

2台目やそれ以上の複数台契約の場合は、普通に以下のBroad WiMAXの申し込みページから同一名義で「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の2つの有料オプションをつけて契約すれば初期費用無料とWiMAXルーター代が無料で契約できます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAXの初期費用無料+ルーター無料申込ページから申し込み
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

WiMAXプロバイダには2台目の契約時は同一名義で契約するとキャンペーンが適用されない場合がありますが、Broad WiMAXにはそのような制約はないので

1台目も2台目もBroad WiMAXであっても普通に自分名義で契約して1台目と同じクレジットカードで契約すれば最大限お得に契約できます。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税込20,743円)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません

京条
実際にほとんどのWi-FiやWiMAXを実際に契約してテストしてきましたが「Broad WiMAX」以上に性能とコスパが良いのは他にありません。Broad WiMAXを選んで置けば間違いありませんWi-Fiのプロの私が責任を持っておすすめできる唯一のWiMAX(Wi-Fi)です。

初期費用20,743円(税込)が無料0円キャンペーン実施中!キャンペーン期間:~ ~ 5/31(火)14:00まで

2022年 2月から5G対応 ギガ放題プラスプランは3日で15GB制限が廃止されてギガ容量無制限になりました。料金は同じなのでかなりお得になっています。

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^