当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXのWi-FiルーターはマルチSSID対応で安全

Broad WiMAXは「マルチSSID」「ゲストID」「セカンダリ無線LAN」が利用できる「ユーザー満足度ナンバー1」の爆発的人気のWi-Fiルーターです。

マルチSSIDを使うメリットはネットワークを完全に分離ができ、ネットワークを完全に分離できるためセキュリティ的に安全性を確保できます。

。WEPが必要な任天堂DSなどのゲーム機も使えるので安心です。

また、Broad WiMAXのWi-Fiルーターはゲスト用のSSIDの設定もできるので他人に使わせる時や一時的にゲーム機で必要となるセキュリティレベルの低い「WEP」の暗号化方式のWi-Fiとして使うことも出来るので

高いセキュリティレベルを保ちつつ低セキュリティ暗号化しか対応していない機器をインターネットに接続できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Broad WiMAXのWi-FiルーターはマルチSSIDに対応

Broad WiMAXのWi−Fiルーターは全機種マルチSSIDに対応しています。

無線LAN通信はいろいろな暗号化形式が存在して、それぞれセキュリティ強度が異なります。

マルチSSIDに対応しているとその暗号化の種類をSSIDごとに個別に設定できますので、安全性を確保しつつ旧式の暗号化方式しか対応していないゲーム機などでもインターネットが利用できます。

マルチSSIDの設定はBroad WiMAXのWi-Fiルーターの設定画面からSSID BやSSID 2などのスイッチをオンにすることで有効になります。

初期状態ではSSIDは1つだけオンになっていて強力な暗号化方式が設定されています。

液晶画面のないホームルーターの場合は、ブラウザ上の設定画面から同じことができます。

Broad WiMAXのWi-FiルーターはゲストSSIDに対応

Broad WiMAXのWi-FiルーターはマルチSSIDに加えて、ゲストIDが利用できるWi-Fiです。

また2つ目のSSIDをゲスト用してセキュリティなしで有効にしたり、WEPなどの弱いセキュリティで提供したり、逆に超強力な設定でWi-Fiを使わせることも出来ます。

また、ゲストSSIDはインターネットの接続だけを提供し企業・自宅内のネットワークにはアクセスできないようにすることもでき、安全に他人にWi-Fiを使わせられます。

Broad WiMAXはマルチSSIDを使っても通信速度は遅くならない

マルチSSIDは2つのSSID(Wi-Fiネットワーク)を同時に利用するのでインターネットの速度が遅くなるのでは?と思いますよね。

結論から先に書くと、マルチSSIDを使っても通信速度への影響はなく通信速度が遅くなったり体感的に遅いと感じることはありません

通信速度が遅くなる条件は、複数のSSIDを同時に使っている、1つのSSIDだけ使っているに関係なく、回線を専有するようなファイル共有や大容量のファイルを長時間ダウンロードしているような場合だけです。

普通に動画を見たりゲームをしたり、アプリをダウンロードしたり、LINEビデオ通話や音声通話をしている分には通信速度には影響しません。

road WiMAXの回線速度は最速で光回線と同じくらい快適

Broad WiMAXはすべてのポケットWiFiやWiMAXの中で月額料金が最安でWiMAX最速の通信速度のWiMAX2+の回線です。

Broad WiMAXは本家WiMAXといわれるUQ WiMAXから電波や回線を借りているのですべてのWiMAXの中で通信速度は最速です。

↑Broad WiMAXのロゴの下には「powerd by UQ WiMAX」と記載されています。これはUQ WiMAXの回線を使って運営しているますよ。という意味です。実際にBroad WiMAXは利用者満足度ナンバー1という確かな実績があります。

京条
Broad WiMAXははじめてのポケットWiFiだけでなくホームルーターとしても爆発的に選ばれています。

実際にBroad WiMAXのWiMAXルーターとiPhone XSをWi-Fiで接続して平日の15じごろに速度計測してみましたが、下り91.6Mbpsも出ていて爆速の通信速度が出ていました

さらにもう一度15時頃に速度計測してみましたが、下り104Mbps、上り31.2Mbpsも出ていて超爆速の通信速度が出ていました。

実測で100Mbpsを超えると光回線よりも速いくらいです。

【実測】Broad WiMAXの通信速度・回線速度の計測結果

  • 動画再生やダウンロードなどで使いながらデータ量1GBごとに速度測定をする
  • 速度測定ツール「Speedtest.net」
  • 使用Wi-Fiルーター「WX06」
  • 計測時期: 「2021年07月」
計測回数 通信速度
1回目 86.77Mbps
2回目 91.61Mbps
3回目 105.67Mbps
4回目 100.61Mbps
5回目 86.91Mbps
6回目 81.71Mbps
7回目 99.16Mbps
8回目 83.39Mbps
9回目 104.19Mbps
10回目 94.33Mbps

実際に10回速度計測してみましたが80Mbpsを下回ることは一度もありませんでした。

混み合う18時頃(5回目)や19時頃(6回目)、21時頃(8回目)でも通信速度の低下を

起こすこともなくどの時間帯でも高速に通信ができているすばらしい結果でした。

Broad WiMAXは今だけ!初期費用無料キャンペーン中!

Broad WiMAXは今初期費用無料キャンペーン中なので月額料金最安値のBroad WiMAXが一番お得になっています。光インターネットの固定回線の半額の料金で使い放題です!

Broard WiMAX初期費用無料キャンペーンの実施期間: 2021年3月1日 ~ 終了未定

※2021年現在も実施中!!キャンペーンはいきなり終了する場合があるので実施中に契約しておくことをおすすめします。

初期費用18,857円が無料になるので大幅に節約が可能です。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります。初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAXの初期費用無料申し込みページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

「Broard WiMAX」は上記の3つの条件を満たせば、初期費用が無料になります。

この3つの条件を満たして初期費用を無料にするのは簡単で、インターネットからクレジットカードで契約して、契約時に2つの有料オプションを付けるのを忘れなければ初期費用無料は自動的に適用されます。

↑実際に契約画面で3つの条件を満たした場合は、右側の「お申込み内容」にある「初期費用」が0円になるのでキャンペーンが適用できているのかすぐにわかります。

「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションは端末が届いたらすぐにでも電話または、スマホやiPhone、パソコン(PC)から「Broard WiMAXお客様サポート」にログインして解約することができます

解約は、電話(0570-022-561)または、「Broard WiMAXお客様サポート」から簡単に解約することが可能です。

Broad WiMAXお客様サポート窓口の詳細
  • Broad WiMAXお客様サポート窓口: 0570-002-561
  • 受付時間: 午前11時〜午後18時
  • 受付日: 月曜日〜土曜日(日曜日は非営業日)

ネット上から「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションを解約する方法は下記にまとめまので参考にしてみて下さい。WiMAXルーター端末が届いたらすぐに解約出来るので忘れないうちに解約手続きをしておくのがおすすめです。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料にするために契約したオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)
スポンサーリンク
スポンサーリンク