当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】業務用として使えるWi-Fiルーターは「Broad WiMAX」

結論から先に書くと、業務用として使えるWi-Fiは「Broad WiMAXです。

「Broad WiMAX」は「業務用として使えるWi-Fiルーターが欲しい」「1フロア全体で使えるWi-Fiが欲しい」「事務所全体で使えるWi-Fiが欲しい」を満たすWi-Fiです。

電波最強と言われるBroad WiMAXのL02のWi-Fiルーターで1000㎡あるフロア全体で使えることを確認しています。

Broad WiMAXのホームルーターのL02は電波がとても強く建物構造が全体をまかなうことができます。

Broad WiMAXのWi-Fiは同時インターネット接続に対応していて、L02の同時接続数:は42台です。そのため1台で複数の人が同時にインターネットを使って業務をすることができます。

京条
そのため業務用として契約している方が多くいるWi-Fiです。

Broad WiMAXのWi-Fiだと追加で中継機を買わなくてもいい、工事不要で届いたら電源を入れるだけで使える、有線LAN接続もできて月額3411円でデータ容量(ギガ容量)無制限として爆発的な人気になっています。

もちろん料金明細も出力できるので100%経費として計上することができます。

Broad WiMAXの利用料金は全額経費として認めらます
京条
現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

フロア全体・業務用として使えるWi-Fiルーターの選び方

業務用Wi-Fiとしての条件は「1台でフロア全体の端から端まで使えること」「同時接続台数が多いこと」「ギガ無制限(データ容量無制限)であること」「有線LANも使えること」「料金明細を出力できること」になりますが、

これらすべてを満たしているWi-FiはBroad WiMAXのL02です。

「どんなときもWiFi」や「限界突破Wi-Fi」「THE WiFi」などもありますがあれらは電波が弱く同時接続台数が少なすぎるので1台でカバーできないことを確認しています。

京条
Broad WiMAXのL02のWi-Fiルーターだと同時接続台数も多く、問題なく1台でカバーできることを確認しています。

業務用のWi-Fiとして使うなら「L02」を選ぶ

Broad WiMAXは今この記事を書いている時点でモバイルルータータイプがW06とWX06の2台でホームルータータイプがL02とHOME02の2台の計4台から選択できます。

業務用Wi-Fiとして使う場合は「L02」を選択しましょう。

L02は同時接続台数が42台と多く手のひらサイズWi-FiルーターであるWX06+クレードルよりも電波が強い最強のWi-Fiルーターです。

HOME02は在庫処分として選べるだけでL02は完全に上位互換で性能は上なのでHOME 02を選ぶ必要はありません。

L02は最初から本体に有線LANポートが2つついているので追加で購入するものは一切ありません。

ホームルーターはモバイルルーターと比べて電波がかなり強力なので100平方メートルまでであればフロア全体をL02のWi-Fi 1台で余裕でカバーできるくらいの性能があります。

Broad WiMAXのWi-Fiルーター「L02」は電波が強力

いろいろなWi-Fiルーターがありますが、電波が強力なのはBroad WiMAXの「L02」のホームルーターです。

電波が強力なWi-Fiルーター
  • 電波が強力なWi-Fiルーター: L02

一軒家全体をこの1台だけで使えるように電波が強力で同時接続台数も42台と多いので一戸建て住宅だけでなく、事務所やテナント1フロア全体で使うWi-Fiとしても使われているくらいです。

京条
業務用として使っても月額料金は一般の利用者と同じなので支出を減らすことが出来ます。

Broad WiMAXのWiFiルーターは複数同時接続ができる

家族全員がインターネットを使う場合は複数のスマホやタブレット、パソコン、ゲーム機がインターネットに接続できることが必須です。

Broad WiMAXは複数台が同時にインターネットに接続できるWi-Fiです。

Broad WiMAXの複数接続数は同時に接続できるのがバッテリー内臓の手のひらサイズのモバイルルータータイプが16台、

バッテリーを内蔵していない据え置きタイプのホームールータが42台になっています。

Broad WiMAXは今この記事を書いている時点でモバイルルータータイプがW06とWX06の2台でホームルータータイプがL02とHOME02の2台の計4台になっています。

Broad WiMAXのルーター別の複数台同時接続可能数
  • WX06の同時接続数: 16台
  • W06の同時接続数: 16台
  • L02の同時接続数: 42台(LANポート:2台、2.4GHz: 20台、5GHz: 20台)
  • HOME02の同時接続数: 21台(LANポート:1台、2.4GHz:10台、5GHz:10台)
京条
これだけの接続数があれば家族全員が複数台の端末を同時にWi-Fiに繋ぐことができます。

「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」などは同時接続台数が5台なのでとても家族全員を1台のWi-FIだけでやりくりすることはできませんがBroad WiMAXであれば可能です。

https://twitter.com/777Mmh/status/962748607177740288?s=20

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません

wi-fiルーター 業務用