当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXはリモートデスクトップが使えるWi-Fi

結論から先に書くと、リモートデスクトップ(RDP)が問題なく使えるWi-Fiは「Broad WiMAXです。

在宅ワーク、リモートワーク、テレワークで必要なのはMicrosoft リモートデスクトップ(RDP)ですが、使えるWi-Fiと使えないWi-Fiがあります

Broad WiMAXはリモートデスクトップとVPNの通信制限がないWi-FiなのでVPNを利用した場合も利用していない場合でもポート開放などの作業はなしで使えることができます。

また、新型コロナウイルスでリモートワーク(在宅勤務)の在宅勤務にはWi-Fiが必要ですが、Broad WiMAXはリモートワーク(在宅勤務)に必須なVPNやリモートデスクトップ(RDP)、zoom、Googleハングアウト、Teams(チームズ)、Slack、Skype、appear.in、BizMee_β、Chatwork、V-SESSION、SSHなどのリモートワーク(在宅勤務)やリモート操作に必要な通信をすべて無制限で使うことができるため爆発的な人気になっています。

もちろんMacOSのリモート接続(VNC)での利用できます。

京条
現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

無制限で使い放題のWi-Fiで、他の完全無制限Wi-Fiのような速度低下もない人気のWi-Fiです。有線LAN接続もできるのでデスクトップPCでもインターネットに繋げることができます。

ChromeリモートもBroad WiMAXは使えるので最強のWi-Fiです。

京条
「Broad WiMAX」のルーターが1台あれば仕事以外にもプライベートでも高速インターネットが使えるので便利です。

Broad WiMAXはリモートデスクトップが使えるWi-Fi

「Broad WiMAX」はリモートデスクトップ(RDP)が問題なく使えるWi-Fiです。

Broad WiMAXの回線もBroad WiMAXのWi-Fiルーターもリモートデスクトップ(RDP)接続に対する制限はされていないのでIPv6でもIPv4でも問題なく接続できます。

リモートデスクトップ(RDP)接続で会社や事務所、自宅のパソコンをリモート操作したい場合は、Windows側の設定でリモートデスクトップを有効にするがオンになっている必要があります。

Broad WiMAXはこれだけの設定がされていればリモートデスクトップ(RDP)がつながるので他のWi-Fiよりも使いやすく爆発的な人気があります。

Broad WiMAXはVPN越しのリモートデスクトップも使える

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はインターネットVPNであるPPTP/L2TP/SSTP/IKEv2/IPsec-VPN/SSL-VPN/OpenVPNのどの方式にも対応していて問題なく使えるWi-Fiです。

VPNを張ってからでないとリモートデスクトップを使えない会社がほとんどだと思いますがBroad WiMAXは問題なくVPN環境のリモートデスクトップも使えるので安心です。

Broad WiMAXで利用できるVPNプロトコルは以下の通りです。

Broad WiMAXで利用できるVPNプロトコル(VPN接続方式)
  • PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)
  • L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)
  • SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)
  • IKEv2(Internet Key Exchange Version2)
  • IPsec-VPN
  • OpenVPN
  • SSL-VPN

Broad WiMAXにはVPNの通信(VPN接続)に制限がないのでどの方式であってもVPN接続をすることができます

京条
また、Broad WiMAXのWi-FiルーターとWi-Fiで接続したiPhoneXSとAndroidスマホとPC(パソコン)でVPN接続ができるのを確認済みです。

internal-link【必見】Broad WiMAXはVPN接続ができる最安最速のネット回線

Broad WiMAXはVNCの通信も使えるWi-Fi

Broad WiMAXはWindowsのリモートデスクトップ(RDP)接続が使えることを紹介しましたが、Macのリモート操作の通信もできるWi-Fiです。

MacのリモートにはVNCというプロトコルが使われていますがBroad WiMAXのWi-FiはVPNも制限がされていないので何も問題なく使うことができます。

Broad WiMAXのWi-Fiは日本全国どこでも電波が入ってインターネットに繋がるためパソコンとBroad WiMAXのWi-Fiだけあればどこにいても会社や事務所のパソコンにリモート接続して仕事ができます。

Broad WiMAXのWi-FiはグローバルIPアドレスの割当ができる

Broad WiMAX」はグローバルIPアドレスが使えるWiMAXです

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXは通常はプライベートIPアドレスですが、Broad WiMAXにはグローバルIPアドレスのオプションがあり

月額96円のグローバルIPアドレスオプションを使うことでグローバルIPアドレスを貰えます

すべてのWiMAXにグローバルIPオプションがあるわけではなくあったとしてもオプション料金が高かったりするので

Broad WiMAXは月額料金自体も最安値なのでコストパフォーマンスが高い利便性の高いWiMAXです。

Broad WiMAXは月額96円のオプション契約が必要

Broad WiMAXに限らずグローバルIPアドレスオプションがある他のWiMAXでも同じですがグローバルIPが欲しい場合には月額96円のグローバルIPアドレスオプションが必要です。

公式サイトでは上記のように案内されています。

グローバルIPオプションは使った月だけ請求される

Broad WiMAXだけでなく他のWiMAXでも同じですが、グローバルIPアドレスオプションは使用した月だけ請求されます。

グローバルIPアドレスオプションの料金の請求
  • 1ヶ月単位で契約(オプション)
  • 利用した月だけ請求される

料金は日割り計算ではなく、契約しているプロバイダのマイページからグローバルIPアドレスオプションを契約することで契約できるので、

グローバルIPアドレスが必要な月だけで契約できるようになっています。

グローバルIPオプションの事前申し込みは不要

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは事前申し込みが不要です。

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションの申し込み
  • 事前申し込み不要
  • マイページから必要な月だけ契約する
京条
必要になったらマイページからオプションを追加することですぐにグローバルIPアドレスが使えるようになります。
しまりすさん
1ヶ月単位で契約したり解約したりできるよ♪

グローバルIPアドレスの使用をフレッツ光などの光回線でやろうとしたら月額10000円以上の月額料金がかかりますがBroad WiMAXは3411円の月額料金+96円(使用した月だけ)で利用できるのでコストパフォマンスは最高です。

internal-link【必見】Broad WiMAXはグローバルIPが使えるWiMAX

Broad WiMAXはポート開放もできるからリモートデスクトップが繋がる

Broad WiMAXのWiMAXルーターはどの機種であってもポート開放ができます

リモートデスクトップ(RDP)は環境によってはポート開放が必須の環境もありますが、Broad WiMAXはポート開放ができ、グローバルIPアドレスの割当もできるので自宅や事務所(会社)のリモートデスクトップの操作される側のネット回線として利用できるWi-Fiです。

リモートワーク(在宅勤務)に必須なVPNやリモートデスクトップ(RDP)だけでなくzoom、Googleハングアウト、Teams(チームズ)、Slack、Skype、appear.in、BizMee_β、Chatwork、V-SESSION、SSHなどのリモートワーク(在宅勤務)やリモート操作に必要な通信のすべてが通るので問題なく使えるのです。

設定画面にログインしたらポートマッピングの設定画面を開きます。

機種によっては「ポートマッピング機能」や「NATトラバース機能」NAT設定」などと記載されていることがありますがすべて「ポート開放」のことです。

設定画面を開いたら開放したいポートの設定をします。

他社の無制限Wi-Fiはポート開放ができなくて使えないものが多い

Broad WiMAX以外に無制限Wi-Fiには「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」「縛りなしWiFi」「クラウドWiFi東京」「Mugen WiFi」がありますが、ポート開放ができないのに加えて、グローバルIPアドレスの割当もされないプラベートIPアドレスのWi-Fiなので

使えないアプリやシステムが多くあります。

Broad WiMAXと他社のWi-Fiの違い
  • Broad WiMAX: ポート開放できる、グローバルIPが使える
  • 他社のWi-Fi: ポート開放できない、グローバルIPは使えない

Broad WiMAXが固定回線として絶大的な人気がある理由は、光回線や専用線と同じようにすべての通信が使える、グローバルIPが割当される。

という固定回線と全く同じ仕様で月額3411円という固定回線の1/5〜1/3程度の料金で使えるからです。

Broad WiMAXの通信速度は業界最速で速い

いろいろなWiMAXのWi-Fiや使い放題のWi-FiがありますがBroad WiMAXは業界最速の通信速度の安定して速度が出るWi-Fiです。

【実測】Broad WiMAXの通信速度・回線速度の計測結果

  • 動画再生やダウンロードなどで使いながらデータ量1GBごとに速度測定をする
  • 速度測定ツール「Speedtest.net」
  • 使用Wi-Fiルーター「WX03」
計測回数 通信速度
1回目 86.77Mbps
2回目 91.61Mbps
3回目 105.67Mbps
4回目 100.61Mbps
5回目 86.91Mbps
6回目 81.71Mbps
7回目 99.16Mbps
8回目 83.39Mbps
9回目 104.19Mbps
10回目 94.33Mbps

実際に10回速度計測してみましたが80Mbpsを下回ることは一度もありませんでした。

混み合う18時頃(5回目)や19時頃(6回目)、21時頃(8回目)でも通信速度の低下を

起こすこともなくどの時間帯でも高速に通信ができているすばらしい結果でした。

1Mbps通信速度制限中の通信速度・回線速度の計測結果

  • 動画再生やダウンロードなどで使いながらデータ量1GBごとに速度測定をする
  • 速度測定ツール「Speedtest.net」
  • 使用Wi-Fiルーター「WX03」
計測回数 通信速度
1回目 2.49Mbps
2回目 2.73Mbps
3回目 3.19Mbps
4回目 2.61Mbps
5回目 2.18Mbps
6回目 2.51Mbps
7回目 1.99Mbps
8回目 2.95Mbps
9回目 2.5Mbps
10回目 2.49Mbps

Broad WiMAXは他のWiMAXと同じで直近3日間で使ったデータ容量の合計が10GBを超えると18時〜2時の間1Mbpsの速度制限がかかりますが、

実測では1Mbpsを下回ることはなくそれ以上の速度が出ていて快適にインターネットが使えました

Broad WiMAXはモバイルルーターかホームルーターかを選択できる

Broad WiMAXが選ばれている理由は、モバイルルータータイプの端末か、ホームルーターの端末かを選ぶことができるのも大きな理由の1つです。

自宅の固定インターネット回線だけでなく外出先でも高速インターネットを使いたい場合は、「モバイルルータータイプ」を選択しておけば自宅でも外出先でも便利に使えます。

Broad WiMAXはキャンペーン中で、モバイルルーターでもホームルーターでもWiFiの電波も2.4Ghzと5Ghzの両方に対応しているので複数の機器を同時に接続しても快適利用できます。

ホームルーターは最初から背面に有線LANポートが2つついていますが、モバイルルーターはWX06を選択することでクレードルが使えるので有線LANでホームルーターを構築することができます。

京条
W06は専用クレードルが用意されていないので、クレードルが必須の場合はWX05を選ぶようにしてください。

クレードルがあるとモバイルルーターをホームルーターとして使えるようになる

クレードルがあると無線LANに対応していないPC(パソコン)やゲーム機やテレビなどを有線LANでインターネットに接続できるようになります。

クレードルの裏側には有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)が用意されています。有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)にLANケーブルを接続し、

パソコン(PC)やプレーステーション(PS3やPS4)などのゲーム機に接続するだけで自動的に有線LAN接続経由でのインターネット接続ができます。

WiMAXルーターは複数の機種がありますが、それぞれのWiMAXルーター用に専用のクレードルが用意されています。

クレードルには有線LANポート(イーサネットポート)が1ポートしか搭載されていませんが、2台以上のパソコンを有線LANケーブルで接続したい場合は、

家電量販店やAmazonなどで1000円〜2000円ほどで購入できる「スイッチングハブ」を間に挟むことでスイッチングハブのポートの台数だけ同時にインターネットに接続することができます。

こちらのスイッチングハブは少し高価なものですがこらくいの値段で永久保証で1000Mbps(1Gbps)まで対応しているスイッチングハブが購入できます。

有線LANと無線LANのWiFi接続とでは通信速度と安定度が異なるので安定してインターネットを使いたい場合もクレードルがあると快適にインターネットが使えますよ。

Broad WiMAXは工事不要&設定不要ですぐに使える

Broad WiMAXはフレッツ光のように有線の回線を使ってインターネットに接続するわけではなくWiMAX2+やau 4G LTEの電波を使ってインターネットに接続します。

届いたら置くだけで使える最安最速の置くだけWi-Fiは「Broad WiMAX」です。 数多くあるWi−Fiの中で一番人気がありユーザー満足度ナンバー1を獲得しておりみんなが使っているW...

そのため、工事が不要=工事費用が無料になっています。

Broad WiMAXは工事不要に加えて開通手続きも不要です。

自宅や事務所にWiMAXルーターとSIMカードのセットが届いた時点ですぐに使える状態になっています。

結論から先に書くと、賃貸でも『工事不要』で使える人気のWi-Fiプロバイダは「Broad WiMAX」です。 マンションやアパートなどの賃貸でインターネットやWi-Fiを使うには通常、回線とプロバイダの両方を契約して工事も必要ですがBroad WiMAXはプロバイダ料金込みで3411円で使い放題。工事も不要でWi-Fiルーターが届きた日から高速インターネットが使えます。

Broad WiMAXはWi-Fiルーター本体に付属のSIMカードを挿入して電源をいれるだけでルーター端末が届いたその日からすぐに使えます。難しい設定などは一切不要です。

Broad WiMAXのモバイルルーターは手のひらサイズで持ち運びがしやすくバッテリー内蔵なので電源がない外出先でもインターネットに接続できます。

Broad WiMAXは日本全国どこでも使えます。

京条
設定変更の方法は本体に付属しているマニュアルに記載されているのでその手順通りに進めていけば5分程度で設定ができます。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません