当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

Broad WiMAXはスマホやタブレットを無制限に繋げられる?詳細!

結論を先に書くと、Broad WiMAXも他のWi-FiやWiMAXと同様に無制限ではなく、同時に接続できる台数はモバイルタイプのWiMAXルーターで最大10台で、ホームタイプのルーターでは最大42台となっています。

Broad WiMAXのWi-Fiの同時接続台数
  • モバイルルーターWi-Fiの同時接続台数: 10台
  • ホームルーターWi-Fiの同時接続台数: 42台

Broad WiMAXに限らずWiMAXプロバイダを契約した時に送られてくるWiMAXルーターは1台だけしか繋げられないのでは無く、2台以上、モバイルルーターなら10台のスマホやタブレット、パソコンをインターネットに同時に接続することができます。

京条
無制限ではないですが同時に10台の機器を接続することはほとんど無いので実質無制限と思っても問題ありません。

実施に10台の端末を同時接続して速度計測してテストしてみました。

京条
現在、Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンと月額料金割引キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WiMAXルーター端末の同時接続は無制限?最大同時台数の詳細

WiMAXルーター端末は最大同時接続台数はモバイルルーターで10台、ホームルーターで42台です。

厳密に言えばWiFiで10台同時接続しながらUSBでも1台接続できるので最大同時接続台数は11台になります。

基本的にどのWiMAXルーターも最大同時接続台数は10台ですが端末によってBluetooth接続にも対応している端末があるのでその場合は同時接続台数が異なります。

たとえばWiMAXルーターで人気が高い「W04」や「WX03」の場合も最大同時接続台数は10台となっており、iPhoneやAndroidスマホ、タブレットやiPad、パソコン(PC)などを同時にインターネットに接続することが可能です。

最大同時接続台数10台は少ない?と思うかもしれませんが、普通に使っていて10台の端末を同時に接続することなんてありません。そのためスペックは十分すぎるくらいなのです。

実際にWiMAXルーターのスペック表をみても同時に10台接続できることになっています。

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W01 Speed Wi-Fi NEXT WX01
製造元 ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本株式会社) NECプラットフォームズ株式会社
通信方式 WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
WiMAX(WiMAXハイパワー対応)
最大通信速度 WiMAX 2+: 下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
au 4G LTE: 下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
WiMAX 2+: 下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
WiMAX:   下り最大40Mbps /上り最大15.4Mbps
無線LAN規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b IEEE802.11ac/n/a/g/b
最大同時接続数 Wi-Fi機器:10台, USB:1台 Wi-Fi機器:10台, USB:1台
または、
Bluetooth機器:7台、USB1台(BTテザリング設定時)
Bluetooth テザリング機能 非対応 対応

ホームルーターは最大接続数が多い

またWiMAXルーターは持ち運びができる手のひらサイズの他にホームルーターと言われる自宅のみで使えるタイプもあります。

ホームルーターは最大同時接続数が約40台なっていてちょっとした事務所や会社であっても1台ですべての端末のインターネット通信をまかなえるだけの性能があります

実際にBroad WiMAXで選択できるL02は同時接続台数が42台となっており大量の端末を持っていても追加機器は一切必要がありません。

WiMAXルーターに同時接続した時の速度

WiMAXルーターに複数台同時に接続した場合でも10台同時に接続したからといって速度が1/10になるわけではなく、多少遅くなる程度で十分な速度が出ます

では実際に同時に10台最大の機器を私の愛用しているWX03に接続してWiMAXに接続しているiPhoneで速度計測してみました。

接続した機器はiPhone4台、Androidスマホ3台、パソコン2台(MacBook Air/Book)、iPad1台です。普通に計測しても速度低下はしないでしょから他の9台の端末ではyoutubeを再生した状態にして計測しています。

結果10台同時接続していても30Mbps程度の速度が出ていてほとんど速度低下を感じることはありませんでした

グラフを見ると一時的に速度低下しているのは他の端末で動画の読み込みをしているからです。それでもかなり安定して通信できていることがわかります。

1台だけで計測した場合はフラットで安定して速度が出ます。

このことから10台同時に接続したからといって速度が1/10になるわけではなく、多少遅くなる程度で十分な速度が出ます。

京条
なので複数台同時にインターネットに接続することを検討している場合でも心配する必要は全くありません。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税込20,743円)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません
スポンサーリンク
スポンサーリンク