生配信やライブ配信が快適にできるWi-Fiは「Broad WiMAX」

結論から先に書くと、YouTubeやニコニコ生放送(ニコ生)、ULIZA、Rakuten LIVE(楽天ライブ)、Twitter、Instagramのライブ配信、ネット生配信が快適にできるWi-Fiは「Broad WiMAXです。

もちろんzoomやSkype、LINEなどのアプリも途切れたり音質が低下することなく快適にビデオ通話や音声通話ができます。

Broad WiMAXは配信に必要な「ポート開放」と「グローバルIPアドレス」の両方が使えるので配信者のインターネット回線として大人気です。

京条
Wi-Fiには配信に使えない物が多くありますがBroad WiMAXは配信用の回線として条件を満たしている数少ないWi-Fiです。

生配信、ライブ配信に必要な通信速度や電波を完全に満たしており月額3411円で使い放題で日本中どこでも電波があって繋がるので爆発的に選ばれているWi-Fiです。

京条
現在、Broad WiMAXは今だけ!初期費用無料キャンペーンと最新機種ルーター全機種無料キャンペーンを実施していて今までで一番オトクに手に入れられるタイミングです。

Broad WiMAXの最新キャンペーン
Broad WiMAXの申し込み契約方法と手順

ライブ配信、ネット生配信に関係あるのはアップロード(上り)の速度

Wi-Fiの通信速度にはダウンロードに使う下りの通信速度と配信や生放送に使うアップロードに使う上りの通信速度の2つがあります。

ライブ配信や生放送を快適に使うには上りの通信速度が重要ですが、Broad WiMAXはどのWi-Fiルーター端末を選んでも十分な速度が出る優秀なインターネット回線なので爆発的な人気になっています。

京条
Broad WiMAXは現在期間限定でWi-Fiルーター無料キャンペーンを実施しています。
しまりすさん
他のWiMAXプロバイダでは有料で2万円〜4万円くらいかかるからそれだけでも人気になっているよ〜♪
Broad WiMAXのWi-Fiルーターのアップロード速度
  • WX06のアップロード速度(上りの速度):75Mbps
  • W06のアップロード速度(上りの速度):75Mbps
  • HOME02のアップロード速度(上りの速度): 75Mbps
  • L02のアップロード速度(上りの速度): 75Mbps

ライブ配信、ネット生配信に必要な通信速度

ネットのライブ配信やネット生放送に必要な通信速度はアップロード速度(上りの速度)だと説明しましたが実際にそれぞれの配信サービスで必要な上りの速度は以下の一覧の通りになります。
どのサービスであってもBroad WiMAXのインターネット回線は通信速度を満たしており快適に配信することができます。
上り速度(推奨)
ニコニコ生放送6Mbps
FC2ライブ配信0.8Mbps(800kbps)
youtube live3Mbps
twitter6Mbps
インスタグラム5Mbps
TwitCasting(ツイキャス)0.8Mbps(800kbps)
ULIZA2Mbps
Rakuten LIVE(楽天ライブ)2Mbps
twitch6Mbps
ふわっち2Mbps

 

実際にBroad WiMAXを使っている人の感想・口コミ

実際にBroad WiMAXを使っている人の感想、口コミをまとめてみました。

تغريدة / Twitter

Broad WiMAXはライブ配信、生配信に必要な速度が十分に出るWi-Fi

Broad WiMAXははじめてのポケットWiFiだけでなくホームルーターとしても爆発的に選ばれている理由は光回線と比べても体感的に違いがわからないくらいの高速な通信速度が出るからです。

実際にBroad WiMAXのWiMAXルーターとiPhone XSをWi-Fiで接続して平日の15時ごろに速度計測してみましたが、下り91.6Mbpsも出ていて爆速の通信速度が出ていました

さらにもう一度15時頃に速度計測してみましたが、下り104Mbps、上り31.2Mbpsも出ていて超爆速の通信速度が出ていました。

実測で100Mbpsを超えると光回線よりも速いくらいです。

【実測】Broad WiMAXの通信速度・回線速度の計測結果

  • 動画再生やダウンロードなどで使いながらデータ量1GBごとに速度測定をする
  • 速度測定ツール「Speedtest.net」
  • 使用Wi-Fiルーター「WX06」
計測回数通信速度
1回目86.77Mbps
2回目91.61Mbps
3回目105.67Mbps
4回目100.61Mbps
5回目86.91Mbps
6回目81.71Mbps
7回目99.16Mbps
8回目83.39Mbps
9回目104.19Mbps
10回目94.33Mbps

実際に10回速度計測してみましたが80Mbpsを下回ることは一度もありませんでした。

混み合う18時頃(5回目)や19時頃(6回目)、21時頃(8回目)でも通信速度の低下を

起こすこともなくどの時間帯でも高速に通信ができているすばらしい結果でした。

1Mbps通信速度制限中の通信速度・回線速度の計測結果

  • 動画再生やダウンロードなどで使いながらデータ量1GBごとに速度測定をする
  • 速度測定ツール「Speedtest.net」
  • 使用Wi-Fiルーター「WX06」
計測回数通信速度
1回目2.49Mbps
2回目2.73Mbps
3回目3.19Mbps
4回目2.61Mbps
5回目2.18Mbps
6回目2.51Mbps
7回目1.99Mbps
8回目2.95Mbps
9回目2.5Mbps
10回目2.49Mbps

Broad WiMAXは他のWiMAXと同じで直近3日間で使った

データ容量の合計が10GBを超えると18時〜2時の間1Mbpsの速度制限が

かかりますが、実測では1Mbpsを下回ることはなくそれ以上の速度が出ていて

快適にインターネットが使えました

internal-link【必見】Broad WiMAXの速度は遅い?「いいえ爆速です!」速度計測結果!

WiMAXルーターはクレードルがあれば有線LAN接続ができる

WiMAXルーターで有線LAN接続をするにはオプションのクレードルだけあれば使うことができます

クレードルの裏側には有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)が用意されています。有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)にLANケーブルを接続し、パソコン(PC)やプレーステーション(PS3やPS4)などのゲーム機に接続するだけで自動的に有線LAN接続経由でのインターネット接続ができます。

WiMAXルーターは複数の機種がありますが、それぞれのWiMAXルーター用に専用のクレードルが用意されています。

有線LAN接続をしたい時や自宅の固定インターネット回線として使うことを考えている場合は、クレードルも一緒に購入しておきましょう。

WiMAXルーターは有線LANの切り替えは不要!WiFiと同時利用ができる

WiMAXルーターは専用のクレードルを使うことで有線LAN接続をすることができますが、有線LAN接続と無線LAN(WiFi)接続は同時に利用することができます。

そのため、クレードルにセットして有線LANでインターネットに接続している時も無線LAN(WiFi)で接続しているスマホやタブレット、パソコンやゲーム機などの機器の接続もそのまま利用できるので影響ががありません。

とても便利に複数の機器で同時に高速インターネットが利用できます

Broad WiMAXのWiFiルーターは複数同時接続ができる

Broad WiMAXの複数接続数は同時に接続できるのがバッテリー内臓の手のひらサイズのモバイルルータータイプが16台、

バッテリーを内蔵していない据え置きタイプのホームールータが42台になっています。

Broad WiMAXは今この記事を書いている時点でモバイルルータータイプがW06とWX06の2台でホームルータータイプがL02とHOME02の2台の計4台になっています。

Broad WiMAXのルーター別の複数台同時接続可能数
  • WX06の同時接続数: 16台
  • W06の同時接続数: 16台
  • L02の同時接続数: 42台(LANポート:2台、2.4GHz: 20台、5GHz: 20台)
  • HOME02の同時接続数: 21台(LANポート:1台、2.4GHz:10台、5GHz:10台)
京条
これだけの接続数があれば家族全員が複数台の端末を同時にWi-Fiに繋ぐことができます。

「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」などは同時接続台数が5台なのでとても家族全員を1台のWi-FIだけでやりくりすることはできません。

Broad WiMAXはポート開放もできるから配信用回線に人気のWi-Fi

Broad WiMAXのWiMAXルーターはどの機種であってもポート開放ができます

生配信やライブ配信はサービス(アプリ)によってはポート開放が必須の環境もありますが、Broad WiMAXはポート開放ができ、グローバルIPアドレスの割当もできるので生配信やライブ配信のネット回線として利用できるWi-Fiです。

YouTubeやニコニコ生放送(ニコ生)、ULIZA、Rakuten LIVE(楽天ライブ)、Twitter、Instagramのライブ配信だけでなく、

リモートデスクトップ(RDP)、zoom、Googleハングアウト、Teams(チームズ)、Slack、Skype、appear.in、BizMee_β、Chatwork、V-SESSION、SSHなどのリモートワーク(在宅勤務)やリモート操作に必要な通信のすべてが通るので問題なく使えるのです。

京条
Broad WiMAXではない他社のWi-Fiを契約したらネット配信ができなくて相談をよく受けます。配信する時は仕方なくテザリングを使っているかたもいますがWi-Fiを契約した意味がありません。

設定画面にログインしたらポートマッピングの設定画面を開きます。

機種によっては「ポートマッピング機能」や「NATトラバース機能」NAT設定」などと記載されていることがありますがすべて「ポート開放」のことです。

設定画面を開いたら開放したいポートの設定をします。

他社の無制限Wi-Fiはポート開放ができなくて使えないものが多い

Broad WiMAX以外に無制限Wi-Fiには「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」「縛りなしWiFi」「クラウドWiFi東京」「Mugen WiFi」がありますが、ポート開放ができないのに加えて、グローバルIPアドレスの割当もされないプラベートIPアドレスのWi-Fiなので

使えないアプリやシステムが多くあります。

Broad WiMAXと他社のWi-Fiの違い
  • Broad WiMAX: ポート開放できる、グローバルIPが使える
  • 他社のWi-Fi: ポート開放できない、グローバルIPは使えない

Broad WiMAXが固定回線として絶大的な人気がある理由は、光回線や専用線と同じようにすべての通信が使える、グローバルIPが割当される。

という固定回線と全く同じ仕様で月額3411円という固定回線の1/5〜1/3程度の料金で使えるからです。

月額3411で使い放題のBroad WiMAXが最安最速のWi-Fiインターネット

Broad WiMAXの月額料金は月額3411円(最初の2ヶ月間は2726円)で業界最安値の月額料金です。

僕はBroad WiMAXを10年以上使い続けていていろいろなWiMAXを契約したことがありますが一番安く利用できているのが「Broad WiMAX」です。

京条
月額1690円のLINEモバイルの格安SIMと組み合わせて通信費を大幅に節約しています。
しまりすさん
LINEモバイルは一番評判がいい人気の格安SIMだね

各ポケットWiFiの比較

ポケットWiFi月額料金制限制限時の速度
光回線約8,000円制限なし制限なし
Broad WiMAX約3,400円3日で10GB1Mbps(1000kbps)

※18時〜2時の間

Y!mobile約4,000円
Yahoo!WiFi約4,100円3日で3GB128Kbps
ドコモ約6,400円月5GB
約8,100円月8GB

128kbpsの速度制限はYahoo!のトップページを開くだけでも20秒〜30秒程度待たされる速度で動画なんてとても見れない状態になります。

京条
128kbsの速度制限があるポケットWiFiは何をするにもストレスが溜まるのでおすすめできません。

Broad WiMAXは速度制限に引っかかったとしても1Mbpsの速度ができるでほとんど速度制限の影響を受けること無くインターネットを利用できます。

各WiMAXプロバイダの月額料金の比較

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり料金が安い順に6社取り上げました。

その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。月額料金が安くても性能はどのWiMAXプロバイダであっても同じです。

月額3,411円で月間データ使用量無制限(ギガ容量無制限)で最初の3ヶ月間は2,726円で利用できるのがBroad WiMAXだけの最大のメリットです。

プロバイダ名月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ)4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス)3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ)4,350円
(2か月間は3,670円)

今現在コスパ最強のネット回線はBroad WiMAXです。Broad WiMAXを選んでおけば失敗することはありません。

京条
どのWiMAXを選んでも通信速度も速度制限の内容もWiMAXルーターの性能もすべて同じなので月額料金の安いWiMAXプロバイダを選ぶのが損をしません。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税込20,743円)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません
タイトルとURLをコピーしました